VF Japan 社員紹介

ここでは、さまざまなポジションや、さまざまなライフスタイルの中で活躍するVFジャパンのスタッフの一部を紹介します。

社員インタビュー

ショップスタッフ

杉山明子 杉山明子
製品へのこだわりなどを知り、
さらに愛着が沸くようになりました。
温かみや深みのあるTimberlandのブランドイメージに憧れて入社しました。
実際入社して、製品へのこだわりに愛着を感じますし、何より一緒に働くスタッフの個性や優しさに働きやすさを感じています。以前アパレルとは違う仕事もしていましたが、笑顔でお客様に似合うコーディネート提案をしたり、働きながら自分らしいおしゃれも楽しむことができて、いまは毎日がとても充実しています。また、業務以外でも会社のボランティア活動に積極的に参加するようにしています!

昨年、年1回の社内ステップアップ試験を受験しました。知識や接客の勉強はもちろん、先輩に色々指導してもらい無事に合格することができました。接客含め今後は、店舗運営に関わるサポート業務なども完璧にこなせるよう、もっと知識や経験を積んでいきたいと思っています。
宮倉一稀 宮倉一稀
メンバー同士の団結力が強く、
理想的な環境でのびのび仕事ができています。
以前はまったく別の業界にいたのですが、昔からアパレルで働いてみたいと思っていました。
Timberlandのブーツが好きだったこともあって入社を決めましたが、ブーツだけでなくアパレル商品が沢山あることに驚きでした。
入社当時、アパレル未経験の僕は緊張の連続でしたが、スタッフのみんなが丁寧に教えてくれたので、緊張や不安はすぐに解消されたのを記憶しています。
メンバー同士の団結力が強く、理想的な環境でのびのび仕事ができているので、ずっとTimberlandで働いていたいですね。

いまの目標は店長になること!これからもっと知識や経験を積み、学ぶことは多いですが、いつか入社した時に優しく教えてくれた店長やスタッフのようなチームづくり&楽しくワイワイしたお店の店長になりたいと思っています。
齋藤朋子 齋藤朋子
みんなの理解と協力で育児と仕事を両立できました。
今は子供といっしょにティンバーランドを履くのが夢。
私は育休制度を利用した後、また職場へ復帰したのですが、復帰当初は子供も1歳で小さく、病気もしやすいので保育園からの呼び出しもあり本当に大変でした。どうしてもお店に迷惑をかけることになりますが、職場の理解と協力のおかげで本当に心強かったです。育児と仕事の両立は大変ですが、子供も徐々に成長して、やっとペースを掴んできた感じです。

私はティンバーランドが大好きなので、とにかく長く勤めていたいです。子供の成長と共に仕事の幅もまた広げていけたらと思っています。そして、子供が大きくなってティンバーランドのブーツをいっしょに履くのが夢ですね。

オフィススタッフ

中島真二 中島真二
担当している店舗が表彰された時は、
自分自身のことよりも数倍うれしかったですね。
ショップスタッフ、店長として10年間勤務した後、現在は店舗を統括するエリアマネージャーの仕事をしています。主な業務は、店舗の業績改善、スタッフの育成/トレーニングです。会社の方向性や想いを店舗スタッフに伝え、それを共有することの難しさを感じることはありますが、担当する店舗でお客様から温かい言葉をいただいたり、成果を上げ、お取引先デベロッパーから表彰された経験は、自分自身が褒められるより数倍嬉しさを感じました。

今後、さらに多くの方にTimberlandファンになって頂く為に、課題は色々ありますが、日本のマーケットに合わせた商品展開や、ニーズに応じた商品バリエーションを充実させたいと思っています。その考えや要望内容を自分の言葉で本部へ伝えるための英語力UPも、自身の課題にしていることのひとつです。
(リテール営業本部)
木村泰典 木村泰典
この会社に入って良かったことは、
自分の目標に応じてステップアップができたこと。
VFジャパンでは、キャリアアップの機会が設けられているので、自分の目標に応じてステップアップができたことは、この会社に入って特に良かったことですね。ショップスタッフで入社⇒店長を経験した後、現在はEコマースの部署で、ネットショッピングの立ち上げや運営を担当しています。異なる職種に変わりましたが、店舗にいた経験がとても役立っていますし、新しい分野への挑戦は自分自身にとっても大きなやりがいに繋がっています。

会社自慢は、業務量が多いなかで責任感を持って一生懸命仕事をしている同僚ですね!業務についてはもちろん、どんなことでも気兼ねなくコミュニケーションが取れるフラットな職場環境が魅力です。
(Eコマース部)
岩瀬雅紀 岩瀬雅紀
休日はクライミングや沢登りをしたりと趣味も大事にして
充実した日々を過ごしています。
アウトドアが趣味で、春~冬に10日間、夏~秋に20日間、計年間で30日間、北アルプスの槍穂剣立(やりほつるたて/槍ヶ岳、穂高岳、立山、剣岳の略)にこもってクライミングを楽しんでいます。また、夏には丹沢に沢登りに出かけたり、ロープワークの練習をしたりと、充実した休日を過ごしています。

ティンバーランドの魅力は、レザーシューズにおけるカテゴリで、業界のリーダーであること。革新的かつ伝統的な商品をプライドを持ってお客様に勧めることができる点ですね。
(ホールセール営業本部)
阪本朋之 阪本朋之
色の見せ方やスタイリングを考えている時が、
ファッションの仕事をしている! と実感できる瞬間。
VMDの仕事は、商品やブランドの魅力をどう伝えるかを考え、ショップでそれを実行する。特に、色の見せ方やスタイリング、ディスプレイを考えている時が“自分の好きなファッションの仕事をしている! ”と実感できる瞬間で、やりがいを感じますね。常に新しいアイデアを生み出すクリエイティブな作業は、自分自身を成長させてくれます。また、専門分野のVMDだけでなく、アウトドアフェスでのPR活動、パーティーイベントやCSR活動など、多岐にわたるマーケティング業務に携われることも、この会社の魅力だと思います。

休日は、早朝に近所へカヤッキングや釣りに出かけ、午後は子供と公園やショッピングに行ったりして過ごしています。仕事でアウトドアフェスに携わってから、キャンプやバーベキューなど、趣味も広がりましたね。
(マーケティング部)
船戸美希 船戸美希
語学サポートなど人材育成にも積極的なので、
キャリア形成にうまく活用しています。
現在は、PRとプロモーションをメインに担当させていただいていますが、専門分野以外のことにもチャレンジする機会がありますし、やりたい仕事と新しいことへの挑戦に、とてもやりがいを感じています。VFジャパンは、語学サポートなど、人材育成にも注力している会社なので、そういったバックアップをうまく活用したいと思っています。

週末はいつも土日のどちらか1日は家で過ごし、家事や料理、読書、録画しておいたTVを見たり、お昼寝など、思いっきりリラックスしています。もう1日は外出して、友人と食事やドライブを楽しんでいます。
(マーケティング部)
坪井まり絵 坪井まり絵
フレックスタイムを利用して、子育てや家事と
バランスを取りながら働いています。
現在、3歳の子供がいるので、ワークライフバランスを意識しながら仕事に取り組んでいます。
フレックスタイム制度も気軽に利用できるため、仕事をうまく調整して、子供のお迎えや病院、それから朝、出社前に家事などを済ませるのにも非常に助かっています。毎日大変ですが、うまくバランスをとりながら活発に仕事していきたいです。

デジタル&CRM部は比較的新しい部署なので、会社の未開拓な分野で新しいことにチャレンジし、自分の考えたプランが前に進むと本当に嬉しいです。非常に面白みを感じますね。その他、ボランティア活動等を通じてスタッフ同士の交流も多く、社内のコミュニケーションが取りやすいのも、楽しく仕事ができている要素だと思います。
(マーケティング部)
© 2015 VF (Japan) Limited. All Rights Reserved