VF Japan 社員紹介

ここでは、さまざまなポジションや、さまざまなライフスタイルの中で活躍するVFジャパンのスタッフの一部を紹介します。

社員インタビュー

ショップスタッフ

平日も休日も天候に左右されないティンバーランド商品の機能を体感しています。
入社当初、被災地のボランティア活動、プロダクト研修と立て続けに参加した際、人として魅力的なスタッフばかりでとても刺激を受けました。そんなスタッフ達と同じ環境で仕事ができれば自分自身の成長にも繋がると思っています。自分が販売した商品をお客様が身につけて来店され、使用の際のエピソードを満足気に語られる時は販売員としてとても嬉しい瞬間であり、この仕事にやりがいを感じます。仕事だけでなくプライベートも充実させて、自分磨きをすることで信頼いただける販売員であり、良き父でもありたいと思います。

休日は趣味の写真を撮ったり、子供と自然の中で走り回ったりして過ごしています。また、天候に左右されずシーンを選ばない機能的な自社商品を実際に体感しています。
限られた時間のなかで、
与えられた仕事をこなしていくことにやりがいを感じます。
入社して10年以上がたちますが、サポートし合える仲間や上司に出会えたことがこの会社に勤めて良かったと思えることです。育児休暇を取得し復帰した際には、現場スタッフはもちろん、人事にもフォローして頂き、働きやすい環境を提供してもらいました。現場のスタッフにはいつも協力してもらっている分、自分のできる精一杯の事をして恩返ししていきたいです。お迎えの都合上、今は残業は出来ませんが、限られた時間のなかで、与えられた仕事をこなしていくことにやりがいを感じています。

仕事と育児を両立する事で家族との時間をより大切にできるようになりました。普段保育園に預けて働いているので、子供とは休日に思いきり遊んで過ごしています。
店舗スタッフ全員で日本一の店舗を作り上げる事が目標です!
ティンバーランドは本社、店舗問わずとても仲が良いので、何かに取り組む際に一体感を持ち挑戦でき、サポートしてくれる仲間も多くいます。ボランティア活動にも会社として取り組んでいる為、業務の一環として色々な体験ができます。私も代々木公園の植樹や富士山の麓での環境整備に参加させて頂きました。また、常に上司や会社が評価をしてくれ、ステップアップする事ができます。今後は店長として実績やチームビルディングなど全てにおいて、店舗スタッフ全員で日本一の店舗を作り上げる事が目標です!

この業界に属している事からか、シューズが好きで気がついたらコレクターのようになっています。家の一室も学校の下駄箱のように靴だけの部屋となっています。

オフィススタッフ

担当している店舗が表彰された時は、
自分自身のことよりも数倍うれしかったですね。
ショップスタッフ、店長として10年間勤務した後、現在は店舗を統括するエリアマネージャーの仕事をしています。主な業務は、店舗の業績改善、スタッフの育成/トレーニングです。会社の方向性や想いを店舗スタッフに伝え、それを共有することの難しさを感じることはありますが、担当する店舗でお客様から温かい言葉をいただいたり、成果を上げ、お取引先デベロッパーから表彰された経験は、自分自身が褒められるより数倍嬉しさを感じました。

今後、さらに多くの方にTimberlandファンになって頂く為に、課題は色々ありますが、日本のマーケットに合わせた商品展開や、ニーズに応じた商品バリエーションを充実させたいと思っています。その考えや要望内容を自分の言葉で本部へ伝えるための英語力UPも、自身の課題にしていることのひとつです。
(リテール営業本部)
この会社に入って良かったことは、
自分の目標に応じてステップアップができたこと。
VFジャパンでは、キャリアアップの機会が設けられているので、自分の目標に応じてステップアップができたことは、この会社に入って特に良かったことですね。ショップスタッフで入社⇒店長を経験した後、現在はEコマースの部署で、ネットショッピングの立ち上げや運営を担当しています。異なる職種に変わりましたが、店舗にいた経験がとても役立っていますし、新しい分野への挑戦は自分自身にとっても大きなやりがいに繋がっています。

会社自慢は、業務量が多いなかで責任感を持って一生懸命仕事をしている同僚ですね!業務についてはもちろん、どんなことでも気兼ねなくコミュニケーションが取れるフラットな職場環境が魅力です。
(Eコマース部)
ティンバーランドがよりお客様に愛されるブランドになるよう、
これからも貢献していきたいです!
13年間ショップスタッフとして勤めておりましたが、カスタマーサービスの社内公募に挑戦しオフィスへ異動してきました。ショップ勤務の時は育休取得後、家庭とのバランスを考えパートタイムで働いておりましたが、現在はフレックスタイム等利用しながら正社員に復帰する事が出来、仕事と家庭の両立を図っています。

店舗という現場で得た経験や知識を活かし、お客様からのお問い合わせやご懸念に寄り添えるご対応が出来るよう心がけております。ティンバーランドがよりお客様に愛されるブランドになるよう、これからも貢献していきたいです。
(マーケティング部)
語学サポートなど人材育成にも積極的なので、
キャリア形成にうまく活用しています。
現在は、PRとプロモーションをメインに担当させていただいていますが、専門分野以外のことにもチャレンジする機会がありますし、やりたい仕事と新しいことへの挑戦に、とてもやりがいを感じています。VFジャパンは、語学サポートなど、人材育成にも注力している会社なので、そういったバックアップをうまく活用したいと思っています。

週末はいつも土日のどちらか1日は家で過ごし、家事や料理、読書、録画しておいたTVを見たり、お昼寝など、思いっきりリラックスしています。もう1日は外出して、友人と食事やドライブを楽しんでいます。
(マーケティング部)
フレックスタイムを利用して、子育てや家事と
バランスを取りながら働いています。
現在、3歳の子供がいるので、ワークライフバランスを意識しながら仕事に取り組んでいます。
フレックスタイム制度も気軽に利用できるため、仕事をうまく調整して、子供のお迎えや病院、それから朝、出社前に家事などを済ませるのにも非常に助かっています。毎日大変ですが、うまくバランスをとりながら活発に仕事していきたいです。

デジタル&CRM部は比較的新しい部署なので、会社の未開拓な分野で新しいことにチャレンジし、自分の考えたプランが前に進むと本当に嬉しいです。非常に面白みを感じますね。その他、ボランティア活動等を通じてスタッフ同士の交流も多く、社内のコミュニケーションが取りやすいのも、楽しく仕事ができている要素だと思います。
(マーケティング部)
© 2015 VF (Japan) Limited. All Rights Reserved